ブログ

医療従事者の新型コロナウィルス感染について

どうもこんにちは。仙台一番町やながわ歯科医院の梁川です。

興味深い記事があったので紹介したいと。

ソフトバンクグループは9日夜、同社が実施した新型コロナ抗体検査の結果を発表した。代表取締役社長兼会長の孫正義氏らが出席したYouTubeでのライブ配信で明らかにされた。

抗体検査は、過去の感染歴を調べるもの。ソフトバンクの調査では、医療関係者およびソフトバンクグループ社内や関連する企業のスタッフが対象。たとえば医療関係者のなかでも、受付・事務、医師、看護師といった形で属性を分けたデータが用意され、歯科医のデータも明らかにされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

ソフトバンクグループが医療従事者の感染率のデータを出しましたね、分母が少ないですが参考にはなるかと。これによると病院の受付や事務が1位、次が内科医等らしいです。歯科関係は下位にきています。

4月5月はワイドショーなどで感染リスクが1番高いのは歯科医院なので危ないから歯科医院には行かないでね!!という報道がされていました。

実際に報道がされてから多くの問い合わせをいただき非常に困惑しました。

とある電話だと・・・

コロナが怖いので歯科医院にはいきません!」

 

もちろんコロナウィルスは怖いです、コロナに限らず感染リスクというものは歯科医療従事者にとっては常につきまといます。しかし、感染対策については学生時代から何度も何度も指導をうけています、全員です。

歯科医師に限らず歯科衛生士、歯科助手、受付、院内スタッフ全員で定期的に研修をして統一した対策を常日頃から行っているはずです。

 

テレビでよく報道されていたものは、、、

 

口を開けているとエアゾルが起こり感染する?

歯を削るときにお水が噴射してはねるから飛沫感染する?

グローブや器具を使いまわしにしているから次に使用した人に感染する?

 

いやいや、コロナに限らずそんな事は当たり前のことで、飛沫防止のバキュームや器具の滅菌の徹底、グローブの交換、ずっと昔から散々言われていることなので対策はかなりきっちりやっていますよ。定期的に歯科医院には仙台市保健所の検査審査が入りますので第三者の指導もうけています。

 

歯科医療従事者が感染リスクが高い、というのはわかります。コロナがどう、とかではなく全てにおいて。

しかし、「コロナウィルスに感染するから歯科医院には行かないで」これはおかしいですよね??

 

という風に考えていたらソフトバンクの記事

これは順位がどう、とかを言いたいわけではありません。

 

病院の受付、事務の方、内科の先生、看護師さん、一番コロナの患者さんとすれ違う機会があると思います。でも誰かが仕事しないと困るでしょ、感謝しかないです。

 

コロナウィルスに感染するから歯科医院にはいかないで

 

これが間違いだと証明されたと思いました。

 

ちなみに、載せてはいませんが医療関係以外のデータも出ていました。

外出してその辺歩いているより、医院の中のほうが遥かに安全でクリーンなんじゃ、、、?