ブログ

妊婦さんの歯科治療について

どうもこんにちは。今回は妊娠中の歯科治療について簡単に書きます!

 

妊娠中ってむし歯になりやすいって本当?

本当です、妊娠中は・・・

・つわりで歯磨きが充分にできない

・妊娠前との食生活の変わり方

・妊娠中は甘いもの、酸っぱいものが食べたくなる

などといったむし歯菌には整った環境ができるからです。また歯周病菌にとっても女性ホルモンのバランスが崩れ歯肉の炎症が起きやすくなり適した環境ができてしまいます。

母体の状態が悪くなると胎児への影響が懸念され、流産や奇形などと心配事が増えていいことは全くありません。

しかし治療をうけたりは不安、、、大丈夫なの?

 

歯科治療で不安なことは、レントゲン撮影したり麻酔したり、お薬飲んだり、母体からの胎児への影響です

 

レントゲン撮影について

基本的には問題ありません、現在のレントゲン撮影機は非常に弱い放射線を使っているので影響はほぼないと思われます。撮影する場合も防護衣できっちりガードします。

(ただどんなに大丈夫と言われても気分的には良くないですよね、緊急的に撮影しなければならないという場合以外は撮影しないと思います)

 

麻酔について

局所麻酔においてはなんら問題はありません。痛みを伴う治療の場合は使用したほうが体へのストレスも軽減されるのであれば使用したほうがいいと思います。

 

治療の時期

非常に緊急性を要さない以外は妊娠中記(安定期5~8か月)が望ましいでしょう。安定期以外は原則むし歯治療や歯周治療をしっかりやる、というのはしないと思います。

※口腔内のクリーニングなどは別で、クリーニングは口腔内の環境を整えるためにしているものでつわりや座っている体勢などがつらくない場合には定期的に行うほうが望ましいですね!

 

 

妊娠中はその時治療が必要なのか、出産後に治療するのか、は自分一人では判断できないと思います。妊婦さんに対する歯科医院がするべきことはできる限りストレスをかけずに健康で快活な妊娠期を過ごしていただく、ということです。