仙台一番町やながわ歯科医院|仙台市青葉区一番町の歯科・歯医者|ブログ

ブログ

お子様のむし歯予防

こんにちは。

「大町西公園駅」「青葉通一番町駅」より徒歩7分、仙台市青葉区一番町にある歯科医院、仙台一番町やながわ歯科医院です。

まだまだ寒い中にも、春の訪れの兆しを感じるようになってきました。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

今回は、みなさんの大切なお子様のお口についてお話ししたいと思います。

 

お子様のお口を守るのはあなたです

「むし歯になったら歯医者さんへ通っているから大丈夫」

そう思っているお父さん、お母さんはいらっしゃいませんか。

実は、それではお子様のお口の環境が守られているとはいえないのです。

歯科医療は治療主体から予防を大切にする診療に変わってきています。

それは小児歯科にもいえること。

「お子様のお口にむし歯をつくらせない!」

保護者の方にはぜひそんな強い気持ちで予防に取り組んでいただきたいと思います。

仙台市青葉区一番町にある歯科医院、仙台一番町やながわ歯科医院ではお子様のお口に最適な予防処置でむし歯のない健やかなお口を目指します。
予防歯科でむし歯ゼロの健康な歯!

 

 

お子様の年齢別、予防への取り組み

よいお口の環境の育成方法は、年齢によっても変わってきます。

ここではお子様の年齢ごとの予防のポイントをお伝えします。

 

妊娠期 お母さんの口腔環境を良好に保ちましょう

お子様のお口を考えたとき、いつから予防に取り組むことが正解でしょうか。

実は赤ちゃんがお腹にいるときから始めても、早いということはないのです。

妊娠中はお母さんのお口にトラブルが起こりやすく、

なかでも歯周病に罹患すると早産や低体重児のリスクが上がってしまいます。

また産後はなかなか歯科医院へ通うことが難しくなってしまいます。

安定期には治療も可能ですので、つわりが落ち着いたころ一度検診にいらしてください。

 

0~2歳 お口によい生活習慣の基盤をつくる

むし歯菌は、保護者の方を通して赤ちゃんの口に入ってしまいます。

スプーンなどの共有を避け、むし歯になりやすい飲食物を控えるなど、

むし歯のリスクを徹底的に排除していきましょう。

またこの頃から徐々に歯科医院へ慣れておくことも得策です。

定期検診で「歯医者さんは怖くない」という認識を持てることは、今後のオーラルライフによい効果を与えます。

 

3~5歳 隠れたむし歯に要注意!

この時期の歯はむし歯になりやすく、また進行も早いことが特長です。

早期発見・早期治療に努めるとともに、フッ素やシーラントを取り入れて、小さな歯を守りましょう。

またお口ポカンや指しゃぶりのクセも、この時期に改善できれば歯並びに影響を与える心配がありません。

気になることは定期検診でご相談ください。

 

小学生 永久歯をむし歯にしない

乳歯と永久歯がお口に混在している時期は、とくにむし歯になりやすくなります。

仕上げ磨き、そして歯科医院での予防処置を徹底して、お口を健やかに保ちましょう。

またお子様ご自身でも正しい歯磨きができるように、定期検診でご指導を行っています。

一生もののブラッシング方法を身に付けましょう。

 

中学生 定期的な検診を続けていきましょう

保護者の方がお子様のお口に介入することが難しくなることで、知らないうちにむし歯や歯周病が増えてしまう時期です。

この時期までに正しい歯磨きの知識と、予防の大切さを習得しておきたいですね。

定期的な検診を続けていくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

 

仙台市青葉区一番町にある歯科医院、仙台一番町やながわ歯科医院では妊娠期から青年期まで、成長にともない変化するお口の健康をお守りします。
お子様の年齢に合った予防があります

 

お子様のお口の健やかな成長をサポートしてまいります

むし歯や歯周病が進行し、「噛む」「喋る」などのお口の機能に影響がでると、
歯の大切さを身に染みて感じられることかと思います。

しかし、お子様にとって歯は当たり前にそこにあるもの。

予防して守っていく必然性を感じることはありません。

やはりある程度大きくなるまでは、保護者の方が歯の大切さを説き、実際に予防を実践していくことが大切になります。

とはいえ、保護者の方にとってもはじめてのことばかりの育児。

わからないことや不安なことばかりかと思います。

当院ではそんな保護者の方に寄り添った小児歯科診療を行っております。

まずは定期的に通うことを習慣化してみてください。

その中で、保護者の方もお子様自身も、歯を大切にする意識が芽生えてくるはずです。

わたしたちはそんなご家族のサポーターとして、お口を管理してまいります。

些細なことでも、どうぞお気軽にご相談ください。

 

当院はオンライン資格確認に対応しています

保険証利用の手続きをされたマイナンバーカードをお持ちいただくことで、

最新の保険資格情報受診歴過去の処方薬などの情報を活用することが可能となります。

患者様によりよい歯科医療の提供を行ってまいります。

 

診療日・診療時間のご案内はこちらから       
ご予約・お問い合わせはこちらまでお電話ください

☎022-267-0528(9:00~19:00)

 

詰め物・被せ物を確認しましょう

この度の令和6年能登半島地震により被害にあわれた皆様に謹んでお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

その詰め物・被せ物、いつのもの?

 

こんにちは。

「大町西公園駅」「青葉通一番町駅」より徒歩7分、仙台市青葉区一番町にある歯科医院、仙台一番町やながわ歯科医院です。

まだまだ寒さ厳しい今日この頃、どうぞご自愛くださいね。

 

ところで、みなさんのお口の中に詰め物・被せ物はありますか?

詰め物・被せ物は一生モノではありません。

不具合がある場合はもちろん、とくに支障なくお使いいただけている状態であっても、

一定の期間が経過している場合には一度歯科医院で確認してみることをおすすめします。

なぜなら劣化した詰め物・被せ物は二次むし歯の原因となるからです。

お口にある詰め物・被せ物がその機能を発揮していない状態であると診断された場合には、付け替えを検討し、今ある歯を守っていきましょう。

仙台市青葉区一番町にある歯科医院、仙台一番町やながわ歯科医院では患者様に最適な素材の詰め物・被せ物をご提案しています。
銀歯の寿命は約5年!?

 

詰め物・被せ物の寿命

 

その方のケアの仕方やお口のクセなどによって個人差が大きいため一概にはいえないのですが、詰め物・被せ物の寿命として保険診療内のプラスチックや金属素材でおよそ5年、自費の素材で10年~20年というのが一般的です。

大幅に超えている場合には、一度歯科を受診して確認してみることを推奨します。

 

詰め物・被せ物を長持ちさせるために

できるだけ長持ちさせるためには、毎日のセルフケアでしっかりとお口の環境を整えることが重要です。

そのためには定期検診にお通いいただき、定期的にお口の状態を確認すること、そしてブラッシング指導を受けて正しいケアを修得することが大切です。

また歯に強い負担がかかることは、詰め物・被せ物の寿命が縮まる原因となります。

歯ぎしりや食いしばりのクセがある方、詰め物・被せ物がよく取れてしまう方は、お早めに当院までご相談ください。

 

強度の高い素材に替えるのも一つの手

 

自費治療の詰め物・被せ物はその寿命が長いこと以外にも多くのメリットがあります。

例えば当院で取り扱うジルコニアは、非常に強度が優れているため、奥歯に使用しても割れや欠けが起こりづらいという特長を持ちます。

また密着度が高く隙間ができにくいことで、二次的なむし歯も防ぐことができます。

透過性に優れ、変色も起こりにくいため、審美的な観点からもおすすめできる素材です。

 

◆当院のジルコニア治療について

◆保険診療と自費診療の違いは?

 

当院ではお一人おひとりのお口に最適な詰め物・被せ物をご提案しています。

お口の中に気になることがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

 

当院はオンライン資格確認に対応しています

保険証利用の手続きをされたマイナンバーカードをお持ちいただくことで、最新の保険資格情報受診歴過去の処方薬などの情報を活用することが可能となります。

患者様によりよい歯科医療の提供を行ってまいります。

 

診療日・診療時間のご案内はこちらから  

ご予約・お問い合わせはこちらまでお電話ください

☎022-267-0528(9:00~19:00)

歯ぎしり・食いしばりを甘く見ないで!

こんにちは!

仙台市青葉区の歯科医院、仙台一番町やながわ歯科医院です。

当院は今年もみなさまのお口の健康を考えて診療を行ってまいります。

2024年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

こんな症状、ございませんか?

 

「歯がしみるようになった」

「朝起きると顎が重い」

「詰め物や被せ物が取れやすい」

こんな症状に心当たりはございませんか?

実はこれ、歯ぎしり・食いしばりが原因かもしれません!

その症状、もしかすると歯ぎしり・食いしばりかも!?

 

 

歯ぎしり・食いしばりを放置すると……

 

歯ぎしり・食いしばりは無意識下で行われるため、ご自身が気づかないまま放置していることも多い悪癖です。

そのままにしておくと以下のような症状があらわれます。

 

歯のすり減りによる知覚過敏

歯が欠ける・割れる

顎関節症

骨隆起

頭痛や肩こり    ……など

 

どうでしょうか。
歯や身体の健康を損なうこともある、怖い症状ばかりですよね。

そこで今回は歯ぎしり・食いしばりの原因と対象法について探っていきましょう。

 

歯ぎしり・食いしばりの原因とは? 対策は?

 

原因① ストレス

日常のストレスは寝ている間に歯ぎしり・食いしばりを誘発します。
歯ぎしり・食いしばりをすることでストレスを解消しようとしているとも考えられていますが、歯や顎に大きなダメージが加わり負担をかけてしまいます。

対策 マウスピースを装着する

就寝時に専用のマウスピースを装着することで、歯ぎしり・食いしばりによってかかる力を分散し、歯を守ることができます。

 

原因② 咬み合わせ

高さにデコボコのある歯並びは、歯ぎしり・食いしばりが起こりやすくなります。

その際、一部の歯だけに強い力がかかることになり、その歯に摩耗や割れ・欠けなどが起こりやすくなります。

また詰め物・被せ物の高さが合っていないことで咬み合わせが乱れ、歯ぎしり・食いしばりを引き起こしている場合もあります。

対策 咬み合わせ治療

歯ぎしり・食いしばりによって摩耗した歯を確認し、上下の咬み合わせを整えていきます。また詰め物・被せ物の調整も行っています。

 

日常生活では、気付いたときに顎の力を抜いてみることも大切です。

集中しているときや、力をかける作業のときは歯を食いしばりやすくなりますので、意識して注意してみてくださいね。

 

当院では歯ぎしり・食いしばりでお悩みの方の診療を行っております。

また歯ぎしり・食いしばりをしているかどうかの診断も可能です。

どうぞお気軽にご相談ください。

 

ご予約・お問い合わせはこちらまでお電話ください

☎022-267-0528(9:00~19:00)

 

年始の診療日について

年始は5日から通常診療を開始いたします。

2024年もよろしくお願いいたします。

 

診療日・診療時間のご案内はこちらから       

ワンランク上のセルフケアを!

こんにちは。

仙台市青葉区にある歯科医院、仙台一番町やながわ歯科医院です。

 

むし歯・歯周病予防において、やはりものをいうのはご自身でのセルフケアです。

お口の健康を保つためには、毎日しっかりと歯磨きやフロスで歯石除去を行っていくことが欠かせません。

 

今回はそんなセルフケアのためのホームケアツールをご紹介します。

自分のお口に合ったアイテムで効率的に汚れを落していきましょう!

 

歯ブラシ

歯ブラシのサイズがお口に合っていないと、磨き残しが多くなってしまいます。

ブラシの幅がだいたい自分の前歯2本分の幅のものがお口に適しています。

磨ける面積が広いフラットタイプ、凸凹のある歯にも届きやすい山形タイプなど、ご自身の歯の形状に合わせて選びましょう。

 

フロス・歯間ブラシ

歯間には歯ブラシの毛先が届かないため、フロスや歯間ブラシを併用しましょう。

歯と歯がしっかり密接して生えている場合はフロス、加齢などで歯の間が空いてしまった場合は歯間ブラシを使って歯間の汚れをしっかり掻き出します。

 

歯磨き粉

高濃度のフッ素が配合された歯磨き粉を使用することで、むし歯予防効果が大幅に高まります。

口をすすぐのは1回に留めておくと、成分がしっかり歯に浸透します。

 

舌ブラシ

舌には白っぽい細菌の塊、舌苔が付着しています。

この舌苔を原因として口臭が発生するため、舌ブラシを使ってやさしく掻き出していきましょう。

 

洗口液

歯磨き後に適量をお口に含み、お口全体にいきわたらせることで、むし歯・歯周病菌を殺菌します。

口臭を抑える効果、また歯周炎の予防も期待できます。

アルコールは清涼感を得られるメリットのために配合されている成分ですので、ノンアルコールのものでも効果に変わりはありません。

 

いかがでしたか?

 

ていねいなセルフケアができていれば、予防効果は飛躍的に高まります。

加えて定期検診で正しいケアが行えているかどうかを確認し、お口に合わせた歯磨き方法の指導を受ければ向かうところ敵なし。

確実なホームケアと歯科医院でのチェック体制で、むし歯・歯周病とは無縁な人生を送りましょう!

見逃さないで、歯ぐきからの出血

こんにちは。

仙台市青葉区にある歯科医院、仙台一番町やながわ歯科医院です。

 

歯磨きのとき、またりんごなどをかじった場合に歯ぐきから血が出る……

そんな方はいらっしゃいませんか?

これ、歯周病の症状のひとつです。

 

歯周病はサイレント・ディジース(静かなる病気)ともいわれるほど、

進行に気が付きにくいという特長を持ちます。

ですので歯ぐきから出血があるという状態は、すでに歯周病が進行している可能性があるのです。

早いうちに歯科医院で検査をされることを強くおすすめいたします。

 

ほかにもこんな症状がある場合は要注意。

 

・歯ぐきが腫れている

・歯ぐきが疼く

・歯ぐきがブヨブヨしている

・朝、口の中がネバネバする

 

この段階で気づいて受診することができれば、歯のクリーニングやブラッシングなどを根気よく行うことで改善できる場合がほとんどです。

 

ですが上記の症状があっても「なんだか歯ぐきがムズムズするな……」程度にしか思わず、

放置される方もしばしば見受けられます。

そういった場合、どうなってしまうのでしょうか?

 

・歯がグラグラしはじめる

・歯ぐきから膿が出てくる

・ひどい口臭が起こる

・歯ぐきが下がってくる

 

ここまでくると、歯を支える骨が吸収されていることが考えられます。

もう口腔環境の改善だけでは対応できず、失われた歯周組織を回復させる手術を試みたり、ひどいときには抜歯を検討しなければなりません。

 

インプラントや入れ歯など、失った歯を補う治療技術は日々進歩しているとはいえ、

やはり天然の歯に勝るものはありません。

やはり歯周病はできるだけ早い段階で発見し、予防に努めていくことが歯を守る最善策です。

 

歯ぐきから出血がある、歯ぐきに違和感があるなど気になる症状がありましたら、

どうぞ速やかに当院までご相談ください。

ホワイトスポットにお悩みの方へ

こんにちは。

仙台市青葉区の歯科医院、仙台町やながわ歯科医院です。

 

歯面にある白っぽい変色、白濁した斑点模様が気になる方はいらっしゃいませんか?

これはホワイトスポットといって、本来は透明であるはずのエナメル質が様々な原因でくもり、

その部分だけ健全な部分とは光の透過性や屈折率が違ってしまう現象です。

 

特に前歯の場合は笑ったり話したりする時に目立つため、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

自然に治るものではないので、気になる方は治療をご検討いただくと良いかと思います。

 

ホワイトスポットの原因は?

ホワイトスポットはその原因によって対処法が異なります。

まずは原因を突き止め、適切な処置へとつなげていきましょう。

 

原因①

初期むし歯を原因とする場合

むし歯菌によって、歯の表面組織であるエナメル質が溶かされ白くなっています。

「脱灰」と呼ばれるこの状態であれば、再石灰化を促すことで改善が期待できます。

定期的に歯科医院で高濃度フッ素を塗布したり、ミネラル成分であるカルシウムやリンを含むMIペーストを塗布したりすることが効果的です。

 

原因②                                                                                            

エナメル質形成不全症を原因とする場合

生まれつきエナメル質が生成されず、歯に変色が起こっている状態です。

遺伝や幼少期の習慣、歯の受けた外傷によって起こることも。

歯の表面をごく薄く削り、コンポジットレジンという白い歯科用樹脂で覆うことで、歯の形状と色味を補修することができます。

 

ホワイトニングは有効か?

ホワイトスポットを目立たなくするためにホワイトニングを検討される方もいらっしゃいますが、ホワイトスポットにホワイトニングは作用しません。

逆にホワイトスポットの周りの歯が白くなることで、不自然に浮いて見えてしまうこともあるため注意が必要です。

 

いかがでしたか?

お口周りの健康の意識、美容の意識は年々高まってきていると感じています。

当院では、患者様のお口のお悩みに真摯に寄り添い、最適な治療法をご提案しております。

少しでも気になることがありましたら、お気軽に当院までご相談ください。

オーラルフレイルにご用心

こんにちは。

仙台市青葉区の歯科医院、仙台一番町やながわ歯科医院です。

 

「最近、食べ物が口からこぼれるようになった」

「飲み込むときにむせる」

そんな変化に心当たりはありませんか?

それはもしかしたらオーラルフレイルの兆候かもしれません。

 

オーラルフレイルの兆候

・硬いものが食べにくい

・食事中に食べこぼす

・むせやすい

・滑舌が悪い

・口が乾燥している

 

オーラルフレイルとは、口腔機能が衰えた状態を意味します。

今回は今、注目されるオーラルフレイルの原因と対策をお話ししたいと思います。

 

オーラルフレイルはお口の筋力の低下によって引き起こされます。

症状が進むと食事の楽しみが奪われるだけではなく、十分な栄養素を摂取できないことで全身の健康へも影響を及ぼしてしまいます。

また滑舌が悪くなることで、人とのコミュニケーションが億劫になる方もいらっしゃいます。

それは社会からの離脱につながり、老化を加速することにもなりかねません。

 

ずいぶん怖い話ばかりをしてしまいましたね。

しかしオーラルフレイルは早めに発見し、適切に対処できれば改善が期待できます。

少しでもその兆候があった場合には早めに対処していくことが得策です。

 

オーラルフレイルを予防・改善する

 

お口の筋肉を鍛えましょう

硬めの食材を意識的に取り入れたり、パタカラ体操などのお口のトレーニングを継続して行うことで、お口の筋肉を鍛えることができます。

また両頬をしっかりふくらませてうがいをするブクブクうがいも効果的です。

 

健康な歯をできるだけ多く残しましょう

お口の中に機能する歯がどれだけ残っているかということは咀嚼機能に直結します。

歯を失う原因となるむし歯や歯周病の治療はもちろん、予防に努めていくことで歯を健康な状態に保ちましょう。

 

いかがでしょうか?

人生100年時代、いつまでも元気に人生を楽しみたいですよね。

ご自身の健康維持のためにも、また身近な人の老化の加速を防ぐ目的としても、

ぜひ今日からオーラルフレイル対策を始め健康寿命を延ばしましょう!

PMTCで清潔なお口へ

みなさん、こんにちは。

仙台市青葉区にある歯科医院、仙台一番町やながわ歯科医院です。

 

みなさんはどんなときに歯科医院へ行きますか?

歯が痛いときでしょうか。

それとも歯ぐきに腫れや出血などがあった場合でしょうか。

 

もちろんそのような症状があった場合には、すぐにご来院いただきたいのですが、

お口の健康のためには、できれば症状が出る前に「予防」として歯科医院へ通っていただくことが望ましいのです。

 

とはいえ、お口にトラブルのない状態で歯科医院へ行ってなにをするの?

と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回は当院が予防歯科の一環で行っているPMTCについてお話ししたいと思います。

 

PMTCとは

 

P[プロフェッショナル]=プロ(歯科医師・歯科衛生士)が行う

M[メカニカル]=機械を使った

T[トゥース]=歯の

C[クリーニング]=お掃除

 

当院はPMTCで、むし歯や歯周病の原因となるお口の汚れを除去していくことを大切にしています。

 

もちろん、みなさんは毎日の歯磨きをしっかりと行っていただいているとは思いますが、

それだけでは歯に付着した歯垢のすべては落としきれずに蓄積し、歯石となり、むし歯や歯周病リスクの高いお口の環境を作り上げてしまいます。

 

それを予防する処置がPMTCです。

当院では歯科衛生士が専用の器具を使って、徹底的にお口の汚れを落していきます。

また仕上げにフッ素を塗布することで歯質も強化。

月に1度程度受けていただくことで、お口のトラブルを寄せ付けない清潔なお口を維持していきます。

 

 

またPMTCはご自身でもお口のさっぱり感、歯のツルツル感を実感いただけることもポイントです。口臭にお悩みの方も、定期的に受けていただくことで改善が期待できますよ。

 

PMTCを受けてみたい方、定期的な予防をお考えの方はぜひ当院までご相談くださいね。