ブログ

ホワイトスポットにお悩みの方へ

こんにちは。

仙台市青葉区の歯科医院、仙台町やながわ歯科医院です。

 

歯面にある白っぽい変色、白濁した斑点模様が気になる方はいらっしゃいませんか?

これはホワイトスポットといって、本来は透明であるはずのエナメル質が様々な原因でくもり、

その部分だけ健全な部分とは光の透過性や屈折率が違ってしまう現象です。

 

特に前歯の場合は笑ったり話したりする時に目立つため、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

自然に治るものではないので、気になる方は治療をご検討いただくと良いかと思います。

 

ホワイトスポットの原因は?

ホワイトスポットはその原因によって対処法が異なります。

まずは原因を突き止め、適切な処置へとつなげていきましょう。

 

原因①

初期むし歯を原因とする場合

むし歯菌によって、歯の表面組織であるエナメル質が溶かされ白くなっています。

「脱灰」と呼ばれるこの状態であれば、再石灰化を促すことで改善が期待できます。

定期的に歯科医院で高濃度フッ素を塗布したり、ミネラル成分であるカルシウムやリンを含むMIペーストを塗布したりすることが効果的です。

 

原因②                                                                                            

エナメル質形成不全症を原因とする場合

生まれつきエナメル質が生成されず、歯に変色が起こっている状態です。

遺伝や幼少期の習慣、歯の受けた外傷によって起こることも。

歯の表面をごく薄く削り、コンポジットレジンという白い歯科用樹脂で覆うことで、歯の形状と色味を補修することができます。

 

ホワイトニングは有効か?

ホワイトスポットを目立たなくするためにホワイトニングを検討される方もいらっしゃいますが、ホワイトスポットにホワイトニングは作用しません。

逆にホワイトスポットの周りの歯が白くなることで、不自然に浮いて見えてしまうこともあるため注意が必要です。

 

いかがでしたか?

お口周りの健康の意識、美容の意識は年々高まってきていると感じています。

当院では、患者様のお口のお悩みに真摯に寄り添い、最適な治療法をご提案しております。

少しでも気になることがありましたら、お気軽に当院までご相談ください。